ミュージックデイすごい(笑)

奇跡の人の感想とかシャッフルメドレーのエイトの可愛さとかいろいろ言いたいこといっぱいあったはずなのに全てまるすばに持っていかれましたね。

 

さすが丸山さん。

人の感情をめっためたにしたい系アイドル。

隠れドS。すき!(ただの告白)

 

昨日の夜から今日の夜までの間のまるすば供給過多によりTwitterの反応が見事に別れていてすごかったです←

基本的に丸ちゃんが何をしていようと可愛いと思える系のファンなので、かわいいなぁとしかおもわなかったのですが、「丸ちゃんが誤解されるの辛い」人たちと「もっとやったれ(笑)」派に別れていてなかなか荒れてる?ようです。

 

この件について、今日までに絶対にエゴサ山さんしているであろういつも気にしぃな丸ちゃんが今日のネタを臆す事なくぶっこんできてるので、腐とかガチ系ではなく、本当にすばるくんが人間としてすっごく好きなんだろうな。自慢したいんだろうなって感じられてとてもほほえましかったです。

 

 

ただ、日テレのエイト弄りがホントに下手問題については、早急にどうにかならないでしょうか。

求めてないところ抉ってくるのマジで止めていただきたいのよね。

人に敬意を払ってないような番組作ってると、某大人気番組だったバラエティの今の惨状みたいに落ちぶれて行きますよ?

会社として気を付けるべき案件だと思うわ。コンプライアンスどうなってるの?

 

 

あとは、ガチの娘。ヲタな松岡茉優さんに個人的にグッと来てます。公共の場を借りて箱を推してくスタイル嫌いじゃないよっていうか好きです(ノ´∀`*)

【修正】ジャムセッションのDO NA IはCD音源ではない

という話。

 

昨日の関ジャム大興奮で3時くらいまでTwitterを追ってたんですが、

ちょっと目についたのが「口パクで残念」という呟き。

わたしはあれを口パクとは思えなかったので、ちょっと反論しとこうかと。

 

多少の修正かエフェクトは入れられてるとは思いますが、CD音源ではありません

 

(ごめんなさい。ちょっと訂正します。ヨコちょのソロ以外口パクではない)

 

 

まず、スバラジで公開された音源をよく聞くと、ヒナちゃんのラップソロ前にガヤが入っていますが、そのガヤにはセッションですばるくんが楽しそうに言った「おぅ!いったれぃ!」という台詞は聞き取れません。

そしてヒナちゃんの歌い方もCDとちょっと違うように聴こえます。

 

ヨコちょと大倉くんの主メロ「君を楽しませるのが 俺たちの楽しみ」の音量バランスがCDとは違うところ、そしてそのあとの「フーゥウウウウ~」がダンスしているので息が足りてなくて伸びていない。

 

亮ちゃんのソロもちょっとブレスがしにくいのか、ちょっと伸びがCDより甘い。

 

 

そして一番分かりやすいのが、丸ちゃんソロのガナリが音源よりちょっと控えめであり、「いいボケが浮かばない」の「ない」の部分がCDではガナリのままであり、セッションではその部分だけ甘く歌っているところです。

 

という訳でCD音源ではない理由です(・ω・)ノ

 

以下、追記。

もうちょっと聞き込んでみたらちょっと違ってたヽ(´・`)ノ

ごめんなさい_(._.)_💦

 

ヨコちゃんはソロ以外はちゃんと歌っています。たぶん。

ちゃんと音外してるし。

 

ヤスくんもたぶんちゃんと歌っているはず。「惚れさしたるぜ必ず」の語尾の始末がちょっと違う。

あーヤスくんの判別むずかしいな。これはもしかしたら被せかも。

舞台中で声出てなかった可能性かなりあるよね。

 

修正したら、題名がちょっと詐称になってるね。ごめんなさい(´-ω-`)

Mステ メトロック映像

ありがとうMステ!!

 

演奏順間違えたって超絶かっこいいマルちゃんと、「まだやで!」と声を掛ける可愛すぎるすばちゃんが堪能できました!

ありがとうMステ!

 

 

METROCKに関しては、夜ダンの鈴鹿くんとかWANIMAのKO-SHINくんとか、関ジャニ∞を好きだと公言してくれるアーティストの方とかがいたりして、それが自分のことのように嬉しかった。

ジャニーズを好きって言うときは顔ファンに見られることが多いんだけど(顔ファンが悪いわけではない)、容姿とか性格が好きだからファンになった人たちだけではないんだとアンチジャニーズには言いたい。

初めてジャニーズに触れたときは8時だJですばるくんが歌ってたときで、その時はビブラートもそんなかかってなかったし素直な歌い方だったけど、この子は歌うために生まれてきたんだなって思えるくらいだった。

すばるくんが居たからジャニーズを好きになって、ヨコヒナを含めた三馬鹿が好きになって、関ジャニ∞がデビュー出来るようになったときは嬉しかったなぁ…

ライブでの楽器演奏は、最初は楽器隊が大山田の三人のみ。まだそれはアイドルグループの演出でしかなかったけど、「Heavenly Psycho」を彼らがアーティストとしては拙い演奏をしていたのが逆に心に刺さった。

音楽って上手いほうが勿論心に届きやすいけれども、拙くても歌と状況が合致すればこんなに感動させられるんだと初めて知ったのも、関ジャニ∞が居たからでもあります。

その彼らが7人全員でバンドするなんて。しかも野外フェスで会場を沸かせるなんて。

 

 

メトロックをTwitterで追っていて、ふと目に留まったツイート「歌うために生まれてきた」っていう言葉。

すばるくんの歌声は心を揺さぶるの。

本当に不思議よね。

すばるくんがアイドルを辞めないでいてくれて本当に良かった。

それをいちばん感謝したい。

ジャム詳報

月刊のテレビジョンとTVガイドで新譜情報があったので備忘録。

 

岡崎体育『えげつない』
  • ネタ探しだけで1ヶ月もかかった
  • ラップバトル。バトル相手は岡崎くんが決定。
  • みんな激しくバトルしてる
  • 早くライブでやりたいすばるくん
  • もうちょっとメンバーをディスりたかったマルちゃん

 

 

水野良樹×本間昭光『青春のすべて』
  • 誰に頼むか考えてない状況で四季をテーマにMVを撮り始め、半年かけて撮影。
  • 秋の京都からスタートし、冬は極寒の北海道、沖縄でも。
  • メロディーラインや譜割りがエイトが歌ったことが無いような独特な曲
  • (・_・|「最初は少し難しく感じたし、何年か前なら歌いこなせてなかったかも」
  • (*´.♡`)「二日酔いの後のみそ汁」
  • (`ヽ´)「好きなフレーズは僕がファルセットで歌っているところ」

 

 

ニセ明×菅野よう子『今』
  • キャッチーなダンス曲
  • なんとなくオファーのお伺いをしたら「関ジャニさんだったら書きたい曲のイメージがあります!」と言ってくださっていた
  • MVは沖縄でロードムービー風な撮影。ダンスパート有り。
  • ダンスは手話が基本になっている
  • 「未来を作る」という歌詞がある

 

BEGIN『夢への帰り道』
  • とにかくきれいなメロディーと曲構成の概念も飛び越えた感じの構成
  • (`д´)「イントロを聴いた瞬間から、BEGINさん!って感じがする」
  • (*´.♡`)「子供がお母さんと口ずさみながら下校とかしてくれたらうれしいわ~☆」

 

具体的なエピソードが上がったのが以上の曲になります。

蔦谷さんに関しては 人物説明のみ。

UNICORNさんに全く言及してなかったです(´・`)

これから情報小出しにするのかな?

個人的にツボだったのは、テレビジョンのライターさんがマルちゃんの語尾にナチュラルに「~☆」って付けてたことです←

私もマルちゃんの語尾によくこの記号を幻視することがあるので、同じ症状をもった人が此処にも!とテンションが上がりました(笑)

メトロック大盛況(σ≧▽≦)σ

ご無沙汰しております。

私事でなにかと忙しくしていた近頃。いつの間にやら今年のMETROCKが幕を降ろしていました。

Twitterの実況などを追っていたのですが、いまだにセトリ見るだけで涙が出そうです。だれかこの壊れそうな涙腺どうにかしてください。

 

関ジャニ∞というグループは、彼らのつくるサウンドのみならず存在がエモーショナルです。

常にドラスティックに自分達の道を進んでいて、グループの辿ってきた軌跡を振り返ればまるで物語みたいだなっていつも思う。

ほったらかしな関西Jr.のなか、その歌声ですぐにトップに躍り出たすばるくん。バラエティーで育った関西勢なだけあってか初期から貪欲にバラエティーをしていたのがヨコとヒナのふたり。テレビの事情なんてお構い無しにマラソンで1位と2位をとっちゃう純粋なマルちゃんとヤスくん。ちっちゃくて声高くて可愛かった亮ちゃん。1度は断ったドラムを、短い期間で演奏できるまでに持っていった努力の大倉くん。そして最年少美少年の内くん。

入所してから昨日のフェスまで本当に色んなことがあったんだなぁ…

 

初期の彼らにはなんというかまだ現実味?ほんとに存在している感じがあったんですが、今に至っては最早マンガとかドラマとかに出てくる人物に思えます(笑)

アイドルってアイドルに成っていくんですね。

それぞれ光るものを持ちつつも、デビュー当時の状況はデビュー組としては最下層の扱い。それが今や押しも押されぬアイドルグループに成長。なのに今でも向上心が有って、野外フェスにまでお呼ばれし、「アイドルのバンドなんて…」って言ってた人を「関ジャニ∞スゲーー!!」って言わせちゃう。

これが二次元でなくてなんですか?(真顔)

でもそれが分かるのも、折に触れて彼らのリアルを映像で語ってくれているからなんですよね。

最近だとなぐりガキBEATの新年会とかエイタメのこたつビジュアルコメンタリーとか。

特に新年会が凄い。何がって、渋谷すばるの感受性です。あれで一気にメンバーだけじゃなく、見せてもらっているファンの気持ちまで引き締まったように見えた。

あの人の感受性、視野、価値観は天性なの?計算なの?解らない!!(ああいうふうに決意を見せられたらついて行かざるを得ないでしょ?!悔しい!すき…ッ!!っていつ見てもなります←)

すばるくんが前に言っていたという『リアルを売るアイドル』。まさに関ジャニ∞はそれを体現してる。もっと細かく言うなら、関ジャニ∞関ジャニ∞のリアルという夢を売るアイドル』

だからなのか、ファンに「私だけのエイトで居てほしい」みたいな層は少ないように感じる。今回のフェスについても純粋なライブキッズに聴いて欲しいという意見が多い。

ありのまま、自身の価値を大きく見せたりも小さく見せたりもせず、堂堂とMETROCKの野外会場で観客にぶつけるはずだと信じて待てるのは、エイトが日々努力と研鑽を積み重ねているのをファンの目に見せてくれているからでもあると思う。

「エイトの一員はちゃんとeighterなんだよ」と言葉にしてないのにちゃんと思わせてくれるすばるくんはヤバイくらいの色男です。(脳みそが溶けたような感想でごめんなさい💦)

天然でやってるなら尚のことたち悪いよヽ(´q`)ノ

そんなたち悪い色男たちがやっているグループですので、時に何処かで盛大にジェットコースターなみの落差でギャップ落ちさせてくることが多い。あと、ほぼほぼ本人たちにそういった自覚が無いことが多いのがいちばん恐いところよ…(・ω・)

 

だから今回もフェスの参加者の何人かは確実に泣きながら沼に飛び込んでくるのをみんな予想してたことでしょう(笑)

そうなのです。この沼は深いのです。

いつの間にか抜け出てたとしても、ふとした瞬間に引き戻されますよ!この私のように!

だからフェス落ちの人たちはもっと安心して飛び込んでくるといいとおもいます\(^o^)/

大倉くんハピバ

大倉忠義さん 32歳おめでとうございます✨

 

出前館さんからもお祝いの言葉を頂いたようで。出前館さんからお祝い頂くなんて、これは単独CMの予感…?!

出前館さんが祝うならマツコさんくらいかと思っていたらまさかの大倉くん。

腹を抱えて笑わせて頂きました(ノ´∀`*)

 

【朗報】関ジャニの大倉忠義さん、『出前館』のTwitterに名指しで誕生日をお祝いされる / ファンの声「出前館から祝われるアイドル(笑)」 | ロケットニュース24

 

 

大倉くんについて想うこと。

ゲラな大倉くんが何にたいしても笑ってくれるから、平和が保たれているように感じます。

ただ、すぐに笑う人だけれど、何を考えているかを素直に表現できない?しない?したくない?のどれかに当てはまる感じがする。

深く思考するタイプなのだろうと思うのだけど、わりと言わないよね?いや、言うときはズバッと斬り込みますけど。

私がブランクがあることもあって、追いきれては居ないんですが、なかなか難しい人だなぁと。

意図的に感情を制御しようとしているなと感じることが多々あって、それが声の抑揚のなさに現れてるように思う。

楽しいときとかリラックスしているなという時は抑揚があるんですが、自分のことを話すときには一気にそれが削ぎ落とされる感じ。

もっと解放してもいいのになぁと心配になる。

なので今回『蜘蛛女のキス』という二人芝居の舞台仕事を貰えたことを事務所に感謝したい。

彼の感情を揺さぶって揺り起こしてあげてほしい。

感情を制御できることは美徳ですが、さらけ出せるのもまた美徳だということを感じて欲しい。

 

 

 

誕生日だというのにあまり祝ってないなぁ…(;・ω・)

ごめんなさい

これでも祝ってるのです(´-ω-`)

大倉忠義のミステリアスさが悪いんや…(the人のせい)

 

エイタメ映像所感 ライブ&コメンタリー編

エイタメBlu-ray所感③    ライブ本編とコメンタリー

 

OP 

OP映像に関して、情報を全く仕入れてませんでした。

なので、「8UPPERSみたいなコンセプトアルバム&映画をもう一回出して欲しいな!パッチはマフィアっぽかったから今度はヤクザもんでお願いします」って思ってたことが実現した嬉しさもありつつ、映画とコンセプトアルバムはもう無さそうっていう落胆もあって気分の上がり下がりが忙しかったです。

それにしてもエイトは輩じみた格好が似合いすぎるね!

溢れ出るモノホン臭がすごい。

あ、もちろん二次元の方向に本物っぽいってことですよ!

ガチな方向に本物じゃなく、少女マンガとかにいそうな方向のヤクザ感を漂わせるの上手よね。やっぱりエイトさんは存在が二次元なのかな?(・ω・)

 

OP 映像をみた瞬間「これ、中村監督かな?」って勘づいたオタクは多かったに違いない。

集合シーンと武器出しながらのカチコミ前シーンが一番キました。特に武器のシーンは顔が写ってないのが良い!

今回も素晴らしい映像作品に仕上がっておりました。中村監督、ありがとうございました✨

 

コメンタリーのほうでは倉丸が勝手に兄弟設定作ってたのがキュンとしました。

なにその設定。オタクのすきなやつじゃないですか!

多分異母兄弟なんでしょ?異母兄弟だからほぼ双子感覚で育ってるんでしょ?

それ、私のなかで普段の倉丸の関係性そのものだから!

このコメンタリーでもそうですけど、普段のライブMCでも二人でふわふわしてるの異母兄弟なのかな?って思ってたくらいだから!

ヤクザものといい、NOROSHIのPVの和装といい、倉丸兄弟設定といい、エイトさんはオタクの脳内を覗けるの?エスパータイプアイドルなの?

まるで「これが好きなんやろ?」と壁際もしくは床に追い詰められてる気分です。

恐い…((((;゜Д゜)))

需要を分かられ過ぎてて恐い…ッ!

 

 

NOROSHI 

OP 映像を受けての登場が完璧でした。どうみてもカチコミな雰囲気でしたよ!

ダンサーさんとスタッフさん扮する手下を引き連れカチコミに向かうエイトが泥臭く男臭くてとても男前(ノ´∀`*)

 

コメンタリー全体的になんですけど、みなさん丸安に言及する率が高かったように思います。

とくに亮ちゃんって丸ちゃんがカッコ良くしてるとか好きな気がする。贔屓目かな?異論受け付けます!

 

そして早速出た、丸ちゃんのエゴサ情報。

ファン投票一位の髪型(笑)

私もご多分に漏れずこの髪型が一番好き(*´ω`*)

でもずっとこれが良い訳じゃなくて、時々されるから撃ち抜かれるんですよね。ここぞというとき出してくるのに翻弄されるのです。

 

 

ブリュレ

ブリュレって久しぶりだったんですね。もっといっぱい踊ってるように思ってました。

あとブリュレってハモりたくなる。本編観ながらハモってました。気持ちいいよね、ブリュレのハモり。

 

本編中ステージが回ってる時のすばるさんの堂々たる立ち姿たるや…、拝みたくなる←

 

 

RAGE

サッカーの曲ってめっちゃわかるこの感じ。高揚感を煽られてる。

そしてサビの村上くんの『つかーみー とーれー!』ってソロが説得力有りすぎる。

ヒナちゃん、TBSさんからサッカーの仕事掴みとってきたもんね!エイトの稼ぎ頭!カッコよすぎるよ!

 

大倉くんもいってましたが、この曲から次の曲への持って行き方が気持ちいいです。

 

 

浮世踊りビト

謡曲の歌いこなしが素晴らしい。あとこれもハモりたくなる。

ホーンセクションの技が光る曲でした。

 

 

 

挨拶

恥ずかしがって悶えるのが見たかった(笑)

 

 

 

続く。